もっと自由な介護ソフトの使い方
2017年7月31日

介護ソフトを選ぶ上で注意したいポイント

介護ソフトには様々な種類がありますが、いずれも現場の業務、そこにかかる時間や手間、人手を軽減してくれるものです。

そのため利用者さんにより良いサービスを提供するための人手確保には欠かすことができないと言うことができます。

介護ソフトを選ぶ際には、以下のようなポイントに注意しておくことが求められます。まずは事業所の規模に適したものを選択すると言うことです。事業所の規模に合っていないものだと、使っていても必ず不便なところが出てきます。

そしてその不便さを解消するための手間や時間が必要になってきてしまいます。これでは何のために介護ソフトを利用しているのかがわからないので、事業所の規模に適した機能をそなえたものを選ぶことが必要です。

それからサポートが充実しているかどうかと言うのもポイントです。たとえば不明な点があった場合、無料で電話相談できるものと、相談は有料でしかもメールのみの受付と言うものとでは、不明な点が解決されるまでに要する時間や、そのために必要な費用などに大きな差が出てくる可能性もあります。毎日の業務の中で利用するものだからこそ、できるだけサポート体制が充実しているものを選ぶのが望ましいです。

加えてサポート体制だけでなく、介護保険の改正などに際してのソフトのバージョンアップも無料で、自動的に行われるものを選ぶのも重要です。この部分は重要な保険請求業にも関わってくる部分なので、やはり無料で、自動的に行われるソフトの方が利用していても安心です。

また誰もがそれほど苦労なく利用できることも重要ですから、介護現場で働いている人の意見を参考にするのもポイントのひとつとして挙げられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です