もっと自由な介護ソフトの使い方
2017年7月31日

介護ソフトを導入するメリット

介護の現場では記録や請求など、様々な業務を行う必要があります。

そしてこれらの業務は、手で行うとなると負担になることがあります。

そこで介護ソフトを導入することで、業務にかかる負担を減らすことができます。

介護の現場では、記録を残す必要があります。しかし手書きの場合だと、毎回記録するのも大変ですし、何よりも関わればかかわるほど記録の量が増え、保存する場所も多く必要となります。

また、記録の量が増えるとそれだけ必要な情報を探し出すのが大変になってしまいます。

しかしソフトに記録すると、必要な情報だけを検索することができます。データ上に保存されるため、場所もあまり必要としません。そしてインターネット経由で使うソフトを利用すれば、複数のパソコンから使用することも可能です。

また、介護サービスを提供するにあたり、最も重要なのが国保連への請求業務になります。国保連に提供したサービス数、かかった費用を請求することで、初めて事業所にお金が入ります。

つまり請求を間違えてしまうと、事業所にお金が入るのが遅れてしまうことになります。介護ソフトの中には、提供するサービスの予定を記した提供票、実際にサービスを提供した量を示す実績、そして国保連への請求業務が一体化したものもあります。このようなソフトを利用すると、実績の内容から簡単に請求書を生成することができます。

また提供票は複写することもできるため、同じサービスを利用する場合は、一度提供票を作ってしまえば繰り返し利用することもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です